仕上げの仕方
最近はビクスと花火の画像しか触ってなくて
ホットビートの画像を久々に仕上げたら
ヘタになっていた(焦)

何回も現像して仕上げてやっとです。
偏った仕上げをすると忘れてしまうんですかね・・・

己の未熟さを痛感しました。

d0238146_1432013.jpg


再度トライしてみました。
いかがでしょう?

d0238146_050150.jpg

[PR]
by ina0220 | 2011-09-05 14:04 | ラグナシア | Comments(2)
Commented by judd1229 at 2011-09-05 21:15
RAWデータを拝見しましたが、やはり1段以上暗いようです。

どちらかというと、仕上げ技術ではなくて撮影時の【露出補正】問題の方が大きいかも知れません。
いわゆる「素材」の善し悪しですね。

カメラの設定・ブレ・構図・シャッターを切るタイミングという「撮影技術」は、すでに
かなり高いと思いますので(上達っぷりは凄いです)あとは露出の問題だけですね (^ω^)

DPPにてオートライティングオプティマイザをOFF・明るさ調整ゼロで
肌の明るさがちょうど良くなるような、撮影時の露出補正値を探してみて下さい。

 *ちなみに実際の現像では、オートライティングオプティマイザも明るさ調整も使いますよ。
 *撮影時の露出補正値を探るために、あえて上記のDPP設定で露出を確認するだけです。

これはカメラの機種や撮影スタイルによって変わりますので、一概にこう!とは言えません。
だから、各個人で頑張って貰うしかないっす (^^;
Commented by ina0220 at 2011-09-06 00:04 x
>Juddさん
仕上げより撮影時の素材にの問題があったんですね。
「オートライティングオプティマイザをOFF」をしたんですが
よくわかりませんでした・・・
明日ご教授お願いします。
<< リスペクト 存在感 >>