前回の記事について・・・
前回の記事の「受け売りストロボ撮影」についてちょっと意見を頂きましたので
補足記事を書きます。

とはいっても私自身ストロボ撮影は今回が初めてで知識は皆無に等しいので
教わった注意事項を踏まえて私の考えを書きます。

まずは「外付けの大きなストロボの方が、逆に弱く発光させられる」ので写真のストロボ
を使ってますがあくまで「補助光程度」での使用が目的です。
自分で試したんですが光量を落とさずそのまま(1分の1)で自分に向けて使ったら眩しいのなんのって・・・
(7Dの内蔵ストロボでも試しましたが外付けと同様でこのまま使ったらキャストさんに申し分けないぐらい
眩しくてキツかった・・・)写真のように工夫してテープを貼って一番弱くマニュアル発光(128分の1)
させた状態で試しましたがさほど眩しいとは感じなかったです。←(あくまで自分主観ですが)

かと言って何でもかんでもストロボを使って撮った写真が絶対とは思ってはなくてストロボを
使用しなくてもカッコイイ写真は山ほどあると思ってます。
今回はあくまでもプレゼント用の写真集を作成する上で必要だと思ったので使用させて頂きました。

後は機材への影響ですがテープを貼ってムリヤリ光量を落としてるので本来の使い方ではない為
熱でプラ部分が溶ける可能性があるそうです。
私自身は少しでもいい写真が撮れればストロボがツブれてもしょうがないと覚悟して使ってますが
あくまでも自己責任やと思ってます。

d0238146_231365.jpg

[PR]
by ina0220 | 2012-08-17 23:55 | その他
<< 今出来ること 受け売りストロボ撮影 >>